天使のおくりもの ~聖なるクリスマス~ 2018

 

コンセルトヘボウの輝く音色と、美しく澄み渡るソプラノの出会い。
クリスマスに浮かれる心を盛り上げる、そんな名曲の数々をお届け。

一年も終わりに近づき、新たな年を迎える準備に忙しい12月。冬の寒さもいっそうと厳しさを増すこの時期に、人々の心に響くのがクリスマスの到来を告げるあたたかい音楽です。本公演では、世界に名高いロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席トランペット奏者 オマール・トマゾーニと、ヨーロッパの主要劇場で活躍するソプラノ歌手マライエ・ファン・ストラーレンが、クリスマス気分と一年の締めくくりを彩る、上品で大人な名曲の数々をお贈りいたします。それぞれの持ち味を生かした選曲で、ソプラノの美声とトランペットの旋律がそれぞれのクリスマスの世界を作り上げる至極贅沢な時間をお約束。クラシックの名曲からポップスに至るまでの多種多様なプログラムは、まさにこのコンサートでしか体験することができません。また、彼らの伴奏を務めるピアニスト、イェルン・バルもコンセルトヘボウはじめ、著名な劇場で活躍する実力の持ち主。聖なる季節に、美しい旋律が奏でる優美なひとときを。

 

★プログラム

クリスマスの名曲の代名詞
3大アヴェ・マリア(バッハ=グノー/シューベルト/カッチーニ)

王道の名曲を詰め込んだひと作品
クリスマス・メドレー(ジングルベル、赤鼻のトナカイ、もろびとこぞりて ほか)

クラシックとジャズの融合
ラプソディー・イン・ブルー(ガーシュイン)

明日に希望を持てる曲
虹の彼方に(「オズの魔法使い」より)
星に願いを

日本に贈る、心の歌
情熱大陸
愛燦燦 ほか

※上記プログラムは都合により一部変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

★出演者のご紹介

トランペット
オマール・トマゾーニ(ロイヤル・コンセルトヘボウ 首席トランペット奏者)

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団首席トランペット奏者。ルカ・マレンツィオ音楽院を首席で卒業。スカラ座管弦楽団、ヤナーチェク祝祭管弦楽団、ワールド・ユース・オーケストラといった世界的なオーケストラで首席奏者を務めた経験もあり、2001年から2003年にかけては、EUユース管弦楽団の一員として活躍。その功労としてイタリアで芸術的価値の高いアーティストに与えられる、ブロンズ・メダルを贈られた。2004年、ズービン・メータが首席指揮を務めるフィレンツェ五月音楽祭管弦楽団の首席奏者となり、2008年からはサンタ・チェチーリア国立管弦楽団で首席奏者として活躍。2013年から、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席奏者となる。近年ではソロ、デュオ、室内楽でも活動し、Italian Wonderbrass Quintetの創設メンバーとしても注目を集めている。

 

ソプラノ
マライア・ファン・ストラーレン

ランダのアムステルダム音楽院にてマルグリート・ホーニヒに師事。フルブライト奨学金を得て、フィラデルフィアのカーティス音楽院へ留学。ニューヨークやイギリスでも声楽を学び、数々のコンクールで入賞を果たす。ルイ・アンドリーセンのオペラ「Writing to Vermeer」のアンサンブルとしてオランダ国立歌劇場にデビュー。これまで演じたのはモーツァルト「魔笛」のパミーナ、ビゼー「カルメン」のフラスキータ、プッチーニ「トスカ」の羊飼い、ヴェルディ「椿姫」のアンニーナ、など。ロイ・グッドマンをはじめ多くの著名な指揮者や、オランダ・フィルハーモニー管弦楽団など各地のオーケストラとの共演を重ね、ロンドン、ニューヨーク、パリ、サンフランシスコなどで開催される音楽祭に招かれ、出演を重ねている。

 

 

サクソフォン
山川寛子 ※12/2 スペシャルゲスト(その他の公演には出演いたしません)

昭和音楽大学卒業。第10回ブルクハルト国際音楽コンクール管楽器部門にて審査員賞を受賞。第7回ルーマニア国際音楽コンクールにて奨励賞を受賞、他受賞歴多数。2012年、ルーマニア国立ラジオ局にて公開CD録音を行い、好評を博す。その後も2014年11月にルーマニアとトルコでのリサイタル、2015年5月にはロマナ・アメリカン大学(ルーマニア)日本語研修センター10周年記念行事に日本からの招待アーティストとして招かれ、最終日のコンサートで弦楽カルテットとの演奏を行う。2017年1月セカンドアルバム「Classical Melodies」を発売。2018年2月にはルーマニア・ブラショフ フィルハーモニー交響楽団と2曲の協奏曲を共演し、好評を博した。現在、ソリストとしての活動の他、室内楽、オーケストラへの客演等幅広い演奏活動を展開中。これまでにサクソフォンを大森義基、波多江史朗の各氏に、室内楽を榮村正吾、福本信太郎の各氏に師事。

 

ピアノ
イェルーン・バル

1997年アムステルダム音楽院ピアノ科を首席で卒業。同音楽院にて助手や伴奏ピアニストを務めている。オランダ国内の著名な音楽コンクールで数々の優勝や入賞を果たす。オーケストラ・ピアニストとしても活躍し、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団やロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、マーラー室内管弦楽団など国内外の主要なオーケストラとたびたび共演。2004年にはストラヴィンスキー『ペトルーシュカ』(マリス・ヤンソンス指揮、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団)のライブ録音に参加。また、エッシャー・トリオ(Escher Trio)のメンバーとして、室内楽奏者としても積極的に活躍している。

 

 

★公演スケジュール

お申込みはこちらから  ※チケット料金は税込み価格です ※未就学児のご入場はご遠慮ください

12月1日(土) 14:00開演 シェルターなんよう(南陽市文化会館) 全席指定3,600円 ※8/18発売
12月2日(日) 15:00開演  東京オペラシティ コンサートホール 全席指定4,000円 ※山川寛子出演
12月5日(水) 19:00開演  茅ヶ崎市民文化会館 大ホール 全席指定3,800円
12月6日(木) 19:00開演 調布市文化会館たづくり くすのきホール 全席指定3,600円 ※8/10発売
12月7日(金) 18:30開演 彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール 全席指定3,800円
12月8日(土) 17:00開演 館林市三の丸芸術ホール 全席指定3,600円 ※8/26発売

お申込みはこちらから  ※チケット料金は税込み価格です ※未就学児のご入場はご遠慮ください

 

インプレサリオ東京 03-6264-4221
【全日10:00~18:00】お掛け間違いのないようご注意ください
チケットセンター 03-6264-4221
【全日10:00~18:00】お掛け間違いのないようご注意ください