Munich Bach Orchestra

PROFILE

1954年のミュンヘン・バッハ・合唱団創立後、バッハ音楽の先駆者であるカール・リヒターによって創設。パリ、モスクワ、東京、ニューヨークに至る世界各地での公演ツアーや、その独自のバッハ作品演奏の解釈によって瞬く間に世界的な室内管弦楽団としての地位を築いた。これは、ドイツ・グラムフォンから出されている膨大な録音、またその他映像作品や音源の記録からも裏付けらる。1960年代、70年代には、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、フリッツ・ヴンダーリヒ、エディト・マティス、モーリス・アンドレといった、著名な歌手や演奏家と共演。この時期には、バッハからベートーヴェンに至る主要作品が録音された。

ゲスト指揮者としては、レナード・バーンスタインやブルーノ・ヴァイル、ペーター・シュライアー、といった音楽会の巨匠が名を連ね、現在はカール・リヒター、ハンス・マルティン=シュナイトに続いて、指揮者・オルガン奏者・ハープシコード奏者として活躍するハンスイェルク・アルブレヒトがこの名誉あるミュンヘン・バッハ管弦楽団を率いている。偉大なミュンヘン・バッハの伝統(古楽器奏法)に基づいた演奏法と独創的な再演で芸術活動を続け、今後のますますの活躍に期待が寄せられている。

チケットセンター 03-6264-4221
【全日10:00~18:00】お掛け間違いのないようご注意ください